新高山百合
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
あの日のバイクと紋白蝶、そして私と短歌との出逢い・・・
2012-05-17 Thu 23:01

台湾を紹介する日本の番組で、必ず出てくるのが「信号が緑になると数十台のバイクが走り出す」場面で、きっと日本人には驚くべきシーンなのでしょう。その場面を見る度に私はちょっと恥ずかしいようなまた嬉しいような気持ちになります。というのは私も台湾の百五十万台あまりの「バイク族」の一員なのですから!        
        バイク族
スクーター歴20年を越える私は、台北市の自動車の犇く中で自在にその合い間をかいくぐり進んでいますが、バイクは停車に便利で交通費の節約になる仕事の上でのグッドパートナーです。

バイク族にとって、傍へ突進してくるバス、タクシーは最大の脅威です。排気ガス、風や日に晒され雨に濡れることは身体への試練でもあります。唯一の癒しは四季の変化や風景を身近に感じられることでしょうか。台湾歌壇に短歌を投稿するようになってから、バイクを走らせている時に目にする空の雲の移り行く様や、遠くに見える山山、花や草木、様々な人々の群れなどが全て歌への霊感を与えてくれるものとなり、信号待ちの時などはそれを三十一文字にまとめたりします。

毎年3月から5月は紋白蝶の活動する季節で、その昔「胡蝶の王国」と呼ばれた台湾には四百種類以上の蝶の品種がいて、中でも紋白蝶は一番数の多い品種の一つです。台北のような大都市の通りや巷にも飛び交う可愛い姿が見られます。
紋白蝶(1)紋白蝶(2)
バイクで走るとき遠くに白い蝶の姿を見ると、まるで空中で雪の花が舞っているようです。また赤信号のときにバイクを止めて道の辺の草花の中で戯れる蝶を見るのは最高の安らぎの時です。当然蝶にとっても危険な車の群れに紛れ込みやすいことになります。

台湾では、毎年4月から5月に百万単位のムラサキマダラが北上しながら繁殖することがよく知られています。ハイウェイの彰化県林内のあたりはムラサキマダラが北上する時通る「蝶の道」になっており、その季節には一分間に万を越えるムラサキマダラが飛んでゆき、スピードを出して進む自動車にぶつかってたくさんの蝶たちがよく死にますので、蝶の安全を守るために、台湾高速公路局では毎年「周期的に外側の車道を封鎖して、紫外線の灯で誘導して道に予防ネットを設置する」などの措置を採り、蝶の季節ごとの移動に道を与えています。当時の宣伝文句に「ムラサキマダラに道を譲れば、ムラサキマダラは毎年ひらひらと舞いながらお礼をしてくれる」というのがありましたが、心打たれる美しい話です。
    

でも都会で単独に飛んでいる紋白蝶はそんなに良い待遇はなくて、スピードを出して突進してくる車が巻き起こす風に吹き飛ばされたり、ぶつかりそうになる時には、その身の安全を思って冷や汗が出ます。

このように春にはいつも目にするものですが、4月14日に、バイクで信号待ちしていたとき、バイクの群れの中に風に乗ってひらひらと紋白蝶が漂ってきて、私のバイクのハンドルにふわっと止まりました。春風がつれてきたこの客に私は驚喜しました。頭を上げてみると、あと数秒で信号は緑になります。でもエンジンをかければ蝶は驚いて飛び去りますし、どうしたらいいかと……。それから蝶が飛び去るのを見送りながら、車に巻き込まれないで無事に飛んでいって欲しいと願いました。

この蝶との出逢いで、三宅教子さんが短歌の指導のときに言われる「短歌は日常生活の中にあります」という言葉を思い出し、帰ってからあの時の感動を短歌にしてみたいと、限りある私の日本語の語彙で一晩考えて、やっと一首にしました。でも言葉の順序をどうしたらよいか迷い、三宅さんに次の歌の添削指導をお願いしました。
    ハンドルにしんと佇む春風の贈りもの白蝶(ちょう)よ発車躊躇ふ
    春風の贈りもの白蝶(ちょう)よハンドルにしんと佇む発車躊躇ふ


三宅さんからこのような返事がありました。
『あなたの短歌、素敵な一瞬を捉えましたね。ちょっと、直してみました。
○ 春風に乗りて白蝶ハンドルにふはり止まれば発車躊躇ふ
春風の「贈り物」という表現もいいのですが、状態を詠んだほうがいいと思います。また、しんと「佇む」というのは何となく、人間が立っているような感じですので、「ふはり止まれば」にしてはどうでしょうか。とてもいいお歌です。』


うわあ!三宅さんのお褒めの言葉に心の中で思わず「やった!」と叫びました。彼女の説明を通じて短歌表現の方式と、「しんと佇む」の意味を学びましたし、「ふはり止れば」に変えたら歌全体が軽やかに漂う感じで、実に不思議です。いつも三宅さんの添削を受けた後は、私の歌が素敵な歌に変身しますが、今度もまったく私の心にぴったりするものになったので、この短歌を四月の詠草として投稿しました。


台湾歌壇の詠草は投稿規程が毎月の例会(毎月の第四日曜日)の一週間前までで、ハガキやファックス、またはEメールで三宅さんに送ります。彼女がプリントに整理してコピーし、歌会で配ります。月例歌会で選ぶ歌は、二枚の紙が配られて、出席した人は詠草プリントの中から二首を選んでその紙に番号と同鳴と添削などを書き込み、時間になるとそれを各自が順番に発表します。
台湾歌壇の詠草

それから北島徹顧問が短歌指導のお話をなさり、その後を三宅さんが作者の名前を発表し、その月で最高得点の出席者に、日本から送られてきた短歌結社の歌壇誌や関連発行物を賞品として渡します。例会が終ると各自が選んだ歌評を出席して居る人に手渡し、或いは三宅さんに渡して、欠席者に送ってもらいます。
北島徹顧問三宅教子事務局長

4月22日の月例歌会では思いもかけずに私の歌が5人の先輩達の共鳴を得ました!私の歌が選ばれて歌評を聞くときに顔がカッカと熱くなり、恥ずかしくて隠れたい気持になって、先輩方が評をなさる内容をきちんと聞けませんでした。以下はいただいた歌評のメモです。
まずは麗しい陳瑞卿先輩の歌評です。
『58番を選ばせていただきました。春風に乗りて白蝶ハンドルにふはり止まれば発車躊躇ふ  同鳴点は古(いにしへ)から恋物語には蝶々が付き物でロマンチック・・・。さて、ハンドルに止まりて作者に何かのメッセージかも・・・』
陳瑞卿先輩  

北島徹顧問の奥様、やさしい北島和子先輩の歌評は次の通りです。
『最近公園等で色とりどりの花に白い小蝶がひらひら飛びかう姿がよく見られます。その度に何とかわいいのだろうを思っておりました。そんな白い蝶がハンドルにとまったら、私でも発車できず、みとれてしまうだろうと同感しました。』
北島和子さん

歌壇の元老、いつも優雅な感性をもつ言葉で歌評なさる林聿修先輩の歌評。
『春風の中を颯爽とマイカーを駆る作者を慕いて舞い込んだ白蝶にあら!と一瞬戸惑いを覚え乍ら、胸もときめいたでしょう。まるで「少しお話しましょう」とでも言いたそうな白蝶に・・・、つくづく発車を躊躇われた作者のおやさしさと笑顔が思い浮ばれ、すがすがしく微笑ましい思いで読ませていただきました。』
林聿修先輩  

18歳の時の勇敢な経歴(228事件の時の)を歌集で知って、心から敬愛する蘇楠榮先輩の歌評です。
『心ある人に共通のためらひです。いい瞬間をとらへて歌にしましたね。』
このところ視力がどんどん悪化されている蘇先輩は、歌を選ぶのにとても時間がかかるそうで、そのため三宅さんは蘇先輩のために前もって詠草プリントを送ってあげています。蘇先輩が選歌なさるときの真面目な姿には心うたれます。
蘇楠榮先輩  

最後は私の歌の先生でもある三宅教子先輩の歌評です。
『心地よいみどりの春風に乗って漂ってきた白蝶がスクーターのハンドルにふはりと止ったのですね。発車させれば白蝶は逃げてしまいます、せっかくハンドルに休んでいるのに、発車をためらっている作者の心やさしさ、うららかな春日の中で、一瞬の詩をとらえていて、その情景と作者の嬉しい驚き、とまどいがまるで見えてくるようです。』

皆さんの歌評に私は感謝感激しながらも、短い三十一文字でもって、当時感じた事を完全に伝えることができたことは実に驚くことであり、短歌が持つ力にまたまた畏敬の念を覚えました。


選歌が終ると、北島徹顧問が四月の詠草について素晴らしいお話をしてくれました。北島先生のお話は、三宅さんがまとめて「四月の通知」の中に載せてくれます。それは次のようなお話でした。
 『先月は「プラス志向の歌を」ということをお話いたしました。今日のお歌にはプラス志向の歌が多い気がします。66番の【台湾と日本の「光」ひた求め台湾に生くるわが妹よ】の歌で、「光」が出てきます。光とは何なのかと思う事がありました。十数年前でしたか日本人学校の小学生の詩で「自分は今台湾の光を身体いっぱいに浴びている。どうしてこんなに明るいのか、それは台湾の人の笑顔を反射しているから」というような内容でしたが、台湾の人の笑顔は実に素晴らしい。

 今日の歌の中にも「笑う」「笑む」が出てきます。1番の【英雄に杖は似合はぬわよと笑む瞳の奥に滾る慕情の】、6番の【暁暗の散歩の小径擦れ違ふ笑顔の会釈心明るむ】、65番の【休日に店を手伝ふ子の笑顔心なごみても一つ買ひぬ】このような笑顔に接するとこちらの心が明るくなります。歌にはつらい事、悲しいことを何でも詠って心が晴れる、慰められる作用はあります。それでももう一つ積極的に前向きに歩こうとしている姿は美しいものです。

 日本の「咲く」という字はもともと「笑う」という意味で、私の娘は「咲榮」と書いて、「さきえ」です。その意は「花がいっぱい咲いているような笑顔をふりこぼす」で、そのとおりの娘になりました。花が咲いているのに接すると心が明るくなりますが、「咲く」というのは心に笑いかけてくれると受け取るのです。花が咲くのを詠った歌も多くて、これも私たちの心を明るくしてくれます。14番の【朝摘みて胸に飾りしペンダント香りも高き玉蘭の花】これも玉蘭のペンダントによってどんなに自分の心が楽しくなったか。
 
  私たちの心を明るくしてくれるものを詠うと、読んだ人にも伝わって連鎖して拡がってゆきます。55番は【夢の国なりこの台湾は】と詠って、歌に力が籠っています。最高点の37番こんな前向きの歌はありませんね。大いに夢を見ましょう。』



作者を発表後に、三宅さんは今月の最高得点は、8点入った呉炎根先輩の歌ですと発表されました。その歌は、
○ 我も欲しやおいらくの恋夕やけのやうに美しくやさしい恋を
8人もの人がこの歌を選ばれたということで、皆様が心に願っている事が分かりますね」と三宅さんが言ったので、みんな爆笑しました。また「呉炎根さんは台南にお住まいですが、お電話をかけたときに息子さんが出られて、お母さんを呼んでくださったのですが、随分時間がかかりました。「ごめんなさいね、歩くのが難しくて」とおっしゃっていましたが、車椅子でお嫁さんやご子息が付き添われて病院通いもなさっているようです。でも、このようなロマンチックな夢を追う短歌ができます。身体は老いていっても心はとてもお若いですね。私たちも精神を若く保って短歌を詠んでゆきたいですね」とも言われました。

次に高得点だったのは5点入った林燧生先輩の歌です。
○ 曉暗(あけぐれ)の散歩の小径擦れ違ふ笑顔の会釈に心明るむ
林先輩は台南の人で、短歌のほかにもエッセイを書いて、日本語の「エッセイ集」を何冊も自費出版しておられるようです。散歩の小道で知らない人同士でもすれ違うときに笑顔で会釈する和やかな風景を歌に詠まれて、読む人の心まで明るくしてくれるようです。まさしく北島先生のおっしゃる「プラス志向の歌」です。

高得点のお二人が台南の方で、欠席なので、次に同じく5点入っていた私の名前が呼ばれました。賞品の歌集を受け取りに前へ出て行くとき、皆が「おめでとう!」と言ってくださって、とても嬉しかったです。みなさんの笑顔は実に素敵です!特に三宅さんから賞品を受け取ったときの感激は言葉ではうまく表現できないほどで……。

三年半前に入会した時に、初めは短歌がわからず、一冊づつの歌集の一首一首を模索してきて、次第にその意味が分かるようになって来ましたが、やはり短歌を作る心境には自信がなくていましたが、その原因は「思いが多すぎる事」で、三十一文字にはとてもこの思いをはめ込められないので、自分の言いたい事が多すぎる事に気づきました。三宅さんは「難しいことを詠む必要はなく、その時時に心の底から感じたことや感動した事、喜怒哀楽を素直に表現してゆけばいい。一首に納められない思いは連作にして何首にも詠めばいいのです」と言ってくださり、常に励ましてくれたし、また私が紹介した友人が入会するようになっても、自分が短歌を作っていないのは恥ずかしく思い、ついに昨年の8月に、台湾の政局への憤懣が噴出した気持を詠んだのが私の初出詠でした。
    この国の選挙はまるで敵の罠不正な賭博に運命委ねて

この一首は三宅さんが添削して完成したとき、自分の言いたい事が短歌にまとまったので嬉しくて三宅さんに電話で涙声になってお礼を言いました。それで堰を切ったように一息に四首の歌ができました。
    日本語の未熟さもどかし入会し三年経っても道は遥かに
    詠いたいこと多いはずという君の期待に早くわれ応えたき (三宅教子事務局長)
    作歌して送ってくれれば見てあげる先輩たちの励まし嬉しい
    この私も短歌の作れた嬉しさに涙を流して万歳叫ぶ


それからは毎月投詠するようになり、自分も台湾歌壇の一員であるという実感がし始めました。しかし台湾歌壇の先輩達はみなさん素晴らしい秀作ばかりで、私が賞品をいただける日がこようとは思っても見ませんでした。三宅さんが添削してくださった御蔭で、先輩方の共鳴を得ることができたのです。


蔡焜燦代表も励ましてくださって、あなたの今月の歌は有名な俳句に似通うところがあるよとおっしゃって、「朝顔に つるべ取られて 貰ひ水   加賀千代女」の俳句を教えてくれました。この俳句の意味を知った後、とても私の歌は及ばないと思いました。その後、蔡先生は日本人をご招待なさっての宴会で、いつもの蔡先生らしいユーモアで私のことを紹介してくださるときに、「この子、怖いよ。今月の歌会で、彼女の歌は5点も獲った!代表の私や三宅事務局長でも2点ぐらいなのに」と言ったのでみんな笑いました。実は私の短歌が進歩すれば、蔡代表は喜んでくださいます。というのは蔡代表は台湾の若い人たちが、日本の短詩型文学で力を発揮して、呉建堂師が創立した台湾歌壇を永続することを非常に望んでおられるからです。

今月の台湾歌壇の二人の若い方の歌をご紹介しましょう。
○ 台湾をきっと守ると襟正し百合に抱かるる遺影を見つむ   舘量子
私が感動した一首です。舘量子さんの作と知ったときに、彼女に感謝感激の心が湧きました。彼女が白色恐怖時代に迫害された人の告別式に参列したときの心情だそうで、故人もきっと彼女の歌を受け取ってくださったことでしょう。
蔡焜燦代表と舘量子さん 蔡焜燦代表と舘量子さん

○ 生まれ来て遣り甲斐ある事遣りたしよ夢の国なりこの台湾は    何朝棟
弁護士の何朝棟さんと私は独立派であり愛日派の同志です。この歌は、彼の初出詠なのですよ!3月に月例歌会にお客様として参加されて、帰ってからすぐ歌を作り、入会したというスピーディな鮮やかな挙動に私は吃驚しました。私は入会して3年間も無声で過ごしてやっと短歌ができたというのに。そこで何さんに冗談紛れの抗議をしました。「あなたは短歌に対して畏敬の念がちっともないんですね!」と。
何朝棟さん 何朝棟さん

台湾歌壇にまた若い人が加入してくださってとても喜ばれた三宅さんは、何さんの歌を選んで、「この世に生まれきたからには遣り甲斐のあることを遣りたいと願う作者には若々しい理想が漲っています。大切なもののために生命を燃やしている作者にとって、この台湾は「夢の国」だと言うのです。ほんとうに嬉しいです。「台湾の悲哀」と言われ、「将来は強国に呑み込まれる」とか悲観的なムードの広がる中で、力強く遣り甲斐のあることを遣ろうとしている作者は「夢の国台湾」を実現してゆく大きな力になる人だと思います。」という歌評をなさいました。


歌会が終って、先輩達が私の歌にくださった歌評の紙の裏のメモにまたまた私の胸は熱くなりました。
陳瑞卿先輩は「敏慧さん、お目出度う
林聿修先輩は「敏ちゃん!
三宅教子先輩は「黄敏慧さま とてもすてきな一瞬を歌にしましたね
蘇楠榮先輩は「黄敏慧様
視力の弱られた蘇楠榮先輩が、一筆、一筆苦労なさって書かれた字の跡を見ると、言葉がでなくなりました…。
この5枚の歌評と賞品の短歌誌「あすなろ」は全部私の宝物です!
4人の先輩方の歌評蘇楠榮先輩の歌評短歌誌「あすなろ」


悠久の歴史の中で育まれた素晴らしい短詩型文学のある日本に感謝します!

私に短歌を学ぶ機会を与えてくれた台湾歌壇に感謝します!

ずっと私を激励してくださった歌壇の先輩方と日本の歌友方に感謝します!

私と一緒に11年間も奮闘してくれたバイクと風に乗ってやってきた紋白蝶に感謝します!

「短歌は日常の生活の中にあります」という三宅さんのこの言葉を忘れないように、
三十一文字で台湾の日常の風物への感動を表したいと思います。
次の目標は「バイク族の心の声」として12首詠に挑戦する事です!頑張ろう!



<関連記事>
4月例會でのグッドニュースー三宅教子さんの歌集「光を恋ひて」の出版!
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/blog-entry-68.html
忘れ得ぬ彼の年一九四七
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/blog-entry-66.html
翻れ!日の丸
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/blog-entry-59.html


スポンサーサイト
別窓 | 台湾歌壇 | ∧top | under∨
| 台湾魂と日本精神 | NEXT
copyright © 2006 台湾魂と日本精神 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
台湾留学サポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。