新高山百合
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
蔡焜燦先生にインタビュー/名著『台湾人と日本精神』について
2010-06-29 Tue 13:59

6月20日の蔡焜燦先生に対する第二回のインタビューは著書である『台湾人と日本精神』の出版目的や、発行状況、それを巡る「生長の家」との訴訟の原因と経緯、についてです。以下はそれに対する蔡先生の回答です。


先回の黄君のインタビューで、どういうことを言ったが忘れましたが、台湾魂と大和魂と、台湾精神、日本精神というようなテーマで話しました。

私が『台湾人と日本精神』という本を書いた一つのきっかけは、その前に日本から十数名の大学の先生方がおいでになって、当時私がまだ現役で、台湾のシリコンバレーと言われる「科学園区」で会社を経営していたころ、日本から十数名の大学の先生方がおいでになりましたので、台北からお連れして、うちの会社をご覧になって頂いたり、サイエンスパークを回ったりしました。帰りもご一緒したので皆さんに当時の台湾のあらゆる状態を、先生方に申し上げたのですよ。

その中に、私は自称「愛日家」と言っているくらい日本が好きですので、中におられた先生が私の日本に対する考えに感動して、ぜひともそういう話を本に残しなさいと。これが私が『台湾人と日本精神』という本を書いた一つのきっかけです。

私は50数年来、心の中に残った思いのたけを、好きな日本の方に話したかったんです。

ただ蒋介石の国民党政府統治の40数年間は、こういうことは言えませんでしたし、書けませんでした。李登輝総統が総統になり、その後司馬遼太郎先生が台湾においでになり、李登輝総統と司馬先生が対談されました。司馬先生は台湾に二回取材においでなりましたが、殆ど私がお伴して台湾を回りました。そういう風な状態で、国民党の主席、代表だった李登輝総統が、堂々と司馬遼太郎先生に国民党政府は外来政権である、とはっきり申し上げているんですよね。

このように、言論が自由になったんですが、しかし、それでも40数年来の、50年近くの、国民党政府の圧政の話については、「これを責めていいか」、「これを書いていいか」と、いろいろ迷いがあった。もう本当は構わないんですけどね、いろいろ迷いがありました。

IMG_7460 (2)

まあ、そう考えながら、私の日本に対する思いを、この『台湾人と日本精神』という本にね。

日本の「日本教文社」、これは「生長の家」の出版社でございますが、そこからハードカバーの本を8刷まで出したんですが、当時の「生長の家」の副総裁の方が、「この本は政治的なことを取り上げている。日本教文社はこういうものは出版できない」と言って、一方的に出版を止めたんですね。

まあ、8刷りで何万冊か売れましたが。その後、小学館で文庫版が出て、今12刷か13刷。まだ静かに売られています。

日本在住の先生方らとか、弁護士の方が私に「教文社に対して提訴しろと、告訴しろ」と言いまして、それで二審目の高裁で和解の形を取り、新聞で教文社が「遺憾に思う」という広告を出して、争いは終わりました。

現在、私が訴訟を起こした時の「生長の家」副総裁の方は三代目の総裁になり、分裂しそうな状態になっています。

私の記憶としては、一番印象的に残ったのは、出版記念パーティーの時に、「私はこの
50年間、日本を愛している台湾人の心の思いを、この本を書きました」と、そういう風に参加者400人くらいに、お礼を申し上げました。

それから10年を経過しますけれど、今台湾のデパートの本屋でも、まだこの本が買えます。

黄君とは、台湾を愛しているある日本の宗教団体の責任者に近い方が、台湾独立と台湾がシナに呑み込まれないようにと、台湾にお祈りに来てくれました。その時に、この団体の方を案内していた黄君と初めて会ったんですが、電話で黄君は「私は中華民国国民として日本に行きましたが、台湾人として帰って来ました」と。

聞いてみたら、「それまでは反日教育で日本のことを教えられたけど、日本に着いてから、あれ?というような感じで、それから日台間のことを勉強してきて、台湾という自分の祖国を愛して、台湾という国のために頑張って行く」と言っていましたね。

台湾人がいかに、この東南アジアの国家の中で、しかも元殖民地で、反日教育を受けた子供たちー今は青年、壮年になっていますがー、彼らの年頃に新しい名前で「哈日族」というものが出来て、いろいろ日本のことを勉強したりしている。そして年上のわれわれ日本語世代と同じような気持ちで、「日本が好きだ」と言っている。

その黄君が、この本のことに関して「いろんなことを教えてくれないか」と言ったので、私は気軽にOKだと答え、このように話しているのです。



蔡先生のお話を伺った後で、私は訂正をお願いしました。
私が初めて蔡先生に連絡したとき、私が話したのは「私は中国人として日本に行きましたが、台湾人として帰って来ました」だからです。ところが蔡先生がおっしゃるには、「あなたたちの世代は中華民国教育の下で育ったのだから、中華民国国民として日本に行きました、と言うべきだ。中国人として、などというべきではない」とのことです。
なるほど!


蔡焜燦先生の『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい』を、
まだ読んでいない方のために紹介します。

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい

目次
第1章 台湾の恩人・司馬遼太郎
第2章 台湾近代化の礎を築いた日本統治時代
第3章 「二つの祖国」―「戦争」そして「終戦」
第4章 “祖国”の裏切り
第5章 日本人よ胸を張りなさい
第6章 『台湾論』その後

小学館文庫から650円で発売されています。




もしよければ、このブログの応援クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
別窓 | 蔡焜燦先生の思い | コメント:16 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あの人に会いたい! 遠い日の。 | 台湾魂と日本精神 | 日本の「家訓」文化に感動します>>
この記事のコメント
#89
新高山百合さん、今晩は。いつも更新ご苦労さまです。
>「私はこの50年間、日本を愛している台湾人の心の思いを、この本を書きました」
日本人として、涙が出そうな位、有り難い言葉ですね。
「台湾人と日本精神」今度本屋で買います。いつに成るか解りませんが、その感想はまたお知らせします。
2010-06-29 Tue 19:34 | URL | gtea #-[ 内容変更]
#90 gteaさん、今晩は
いつも熱いご感想をいただき、どうもありがとうございます。
お気持ちはすでに蔡先生にお伝えしました。
またぜひ本のご感想をお聞かせください。
首を長くして楽しみに待っております^^
2010-06-30 Wed 22:57 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
よく分かりました。

それにしても、世界に恥をさらした行い。日本人として、とても恥ずかしく、腹立たしい、思いをしました。筆者であられる蔡さんに心より申し訳なく思ったものです。

と言うのも、小林よしのり氏の「台湾論」が台湾で焚書となり、氏本人も台湾入国禁止となり驚いたのですが、

その後、関係者のご努力により回復しましたので、さすが「台湾は民主国家」だ。と胸を撫で下ろしたばっかりだったからです。

蔡さんにもご苦労をおかけしてしまいましたが、結果的には、本の値段も半額以下となり、販路も広がり、拡販にもつながったのでは、ないかと思っていますが?。
2010-07-01 Thu 00:05 | URL | ロータリー #3fIBvpkA[ 内容変更]
#93
 『台湾人と日本精神』に、孤蓬万里こと呉建堂氏のことが書かれていますが、呉氏の次の歌は強くこころに残っています。
万葉の流れこの地に留めむと生命のかぎり短歌詠みゆかむ

呉氏が宮中歌会始に招待されたことを「台湾の日本語族の人々は驚喜した」と蔡先生が書かれていますね。
宮中の歌会始に招かれて日本皇室の重さを思ふ
国思ひ背の君思ふ皇后の御歌に深く心打たるる

皇后宮様の御歌は、『瀬音』でほんとうに素晴らしく又有難く言葉にならないものを感じました。次の御歌をここに記しておきたいと思います。

語らざる悲しみもてる人あらむ母国は青き梅実る頃



司馬遼太郎史観は、戦後日本人の歪んだ歴史観の一つの象徴だと思っています。
小林よしのり氏の女系天皇容認(推進?)論は、逆賊そのものだと思っています。
しかし、おふたりの台湾への強い思いを信じたいとも思っています。

『台湾と日本精神』は、私に「日本」を教えてくれた1冊でもあります。
台湾よ、日本よ、永遠なれ!


2010-07-02 Fri 23:14 | URL | 藪椿 #-[ 内容変更]
#94 ロータリーさんへ
お気持ちはすでに蔡先生にお伝えしました。どうもありがとうございます。

台湾は今民主時代とは言え、当時の小林よしのり先生の入国禁止事件、及び現在の陳水扁前総統への不当判決事件、野党提出のECFA締結の是非を問う住民投票案を却下したことから見ると、蔡先生が本の中でも仰ったように「また我が祖国台湾が今も中華民国であり続けている現状を再認識させられ、はらわたが煮えくり返る思いだったのである」ことが分かります。

民進党も、台湾の一部の独立派も今こそ体制内から中華民国は倒せないという現実を直視しなければなりません。
2010-07-03 Sat 20:40 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#95 藪椿さんへ
ご感想やお考えを教えていただき、ありがとうございます。
すでに蔡先生にお伝えしました。

我が歌壇の呉建堂前代表の御歌も、皇后陛下の御歌もご紹介をありがとうございます。

語らざる悲しみもてる人あらむ母国は青き梅実る頃
の意味を調べて感動しました。

ちょうど今回のインタビューで蔡先生は皇后陛下の短歌集『瀬音』のことに触れましたよ。それを聞いた後、私も『瀬音』を読みたくなりました。その日のインタビュー内容は長いので二回に分けました。後半は次回更新には掲載しますのでお楽しみにしてください。
2010-07-03 Sat 20:51 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#164 「台湾人と日本精神」
始めまして。
ネットを見ていて台湾の方々のブログが非常に日本や日本人に好意的だったことから台湾の方々には明らかに中国人・朝鮮人とは違う国民性があると確信しアマゾンで蔡先生の「台湾人と日本精神」を購入し早速拝読いたしました。
この本を読んで台湾の人々が日本を評価し愛していてくださるということを素直にありがたいと喜んでおります。
また、高砂族の方々の戦時中のお話や戦後国民党に支配されていた時代の大変な苦悩など涙なくしては読めない部分も多々ありました。
こんなに日本を愛してくれる国は世界中どこを捜してもないのでは?というのが今の結論です。
また、台湾人の民族性は中国人ではなく日本人に近い部分が多いように思えました。
日本はこの友好的な隣人をもっともっと大事にしかなくてはいけないと強く思いました。
蔡先生、このような素晴らしい本を世に出してくださりありがとうございました。
2010-08-09 Mon 13:53 | URL | 小熊 #-[ 内容変更]
#165 小熊様へ
「台湾人と日本精神」へのご感想を教えて頂き、ありがとうございます。
蔡先生への熱いご伝言をお伝えしました。

今日のニュースで日本政府が韓国への反省とお詫びの談話を決めたことを知りましたが、いまさらまったく不必要なことではないでしょうか。
日本人の怒りは理解できます。
韓国人には公正に日本時代を評価できる度量が必要でしょう。

台日共栄のため、お互い頑張りましょう!
今後ともよろしくお願いいたします。
2010-08-10 Tue 13:08 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#166 新高山百合さま
早速のご返信、ありがとうございます。
昨日の書き込みの内容を蔡先生に伝えていただけたのなら望外の喜びです。
蔡先生にはこの暑い時節柄、何卒御自愛くださいますよう、お祈り申し上げております。

ところで百合様が言及された「韓国への反省とお詫びの談話」には私も腸の煮えくり返る思いです。
こんな無益なことを何時まで続けるつもりなのでしょうね、
この自虐国家は・・ため息が出ます。
私が現在購読している「朝日新聞」も「日韓併合100年キャンペーン」とかものすごいものがあります。
一体、どこの国の人間が作っている新聞なのか分かりません。
もう、この新聞とは決別することに決めました。
「自分の国を愛する」という当たり前のことが出来る人間でありたいと思います。
2010-08-10 Tue 21:02 | URL | 小熊 #-[ 内容変更]
#167
新高山百合さん、今日は。コメント欄をお借りします。
小熊さんへ。
私も13年程前迄は、朝日読者でした。色々な経緯が有り、産経に替えたんですが、朝日の情報隠しや、史実歪曲は筋金入りで、トンデモナイ新聞だった事を確認して、驚いたのと同時に、こんな新聞がクオリティペーパーとされている社会自体が歪んでいる、と思いました。
日本の戦前戦後を自然体で眺めれば、我国は称賛されこそすれ、非難される事は極僅かである事が見えてきます。イデオロギーという色眼鏡で見る事しかできないこの新聞社が一日も早く廃刊になる事を夢見ています。
折角ですから、産経新聞と一緒に、やまと新聞も見てみたらどうでしょうか?こちらはネットだけですが、月々500円で他の新聞社が取り上げない保守の情報も満載です。
2010-08-12 Thu 11:32 | URL | gtea #-[ 内容変更]
#168
新高山百合さま、私もgetaさまの返信にこのコメント欄
お借りしますことをご容赦ください。

gteaさま

朝日の体質は以前と全く変わっていなかったのですね。
昔、父が取っていた時、先の大戦にからんだ記事になるとあまりにも日本人を極悪人扱いする論調に辟易し良い印象のない新聞でした。

しかし一見昔よりソフト路線になったようにも思え数年前から購読を再開してみました。
時々おかしなことが書いてあるなと思いながらも我慢して読んできましたが今回の「日韓併合100年」に関する一連の記事は酷すぎました。
「日本及び日本人は悪。朝鮮への謝罪、補償が不十分、日本人は反省せよ。」のオンパレード。
これでは「朝鮮人のための新聞と言われても仕方ないでしょう。
先日、朝日の販売店に「今後はお宅の新聞は取らない。
勧誘にも一切来ないように。」とはっきりと伝えました。

「やまと新聞」というものもあるのですか。
ネット新聞なら権力になびいて書きたいことも書けない一般の新聞とは違って自由な記事が書けるでしょうね。
検討してみたいと思います。

2010-08-13 Fri 08:33 | URL | 小熊 #-[ 内容変更]
#169 gteaさん&小熊さんへ
お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
お二人のコメントたいへん参考になりました。
どうぞ今後とも気軽にこのブログをご活用ください。
お役に立てれば幸いです。
2010-08-15 Sun 09:39 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#299 新高山百合様へ
私が台湾に興味を持ったのはこの書と小林氏の(台湾論)です。しかし、そもそものきっかけは昨秋に「がんばれ日本!国民会議」の集会で登壇した黄敏慧氏の演説です。
台湾人は中国人とは違います!DNAも違います!と・・・
台湾は中国だと思い込んでいた私は驚愕しました。

その後、書店で目についた台湾論を読み、蔡焜燦先生を
知り台湾人と日本精神を読んだ次第です。

黄敏慧氏→小林よしのり氏→蔡焜燦先生→?(笑)

このような良書は今の日台を思えば非常に貴重です!
静かに売られているような存在では不満です。
蔡焜燦先生に現状の日台を踏まえて加筆して頂き
新装版として発刊し、多くの日本人や台湾の若者に読まれたら素晴らしいことだなぁと思いました。



2011-01-22 Sat 09:46 | URL | subalan #-[ 内容変更]
#302 subalan様へ
台湾認識のきっかけが何と私だったとは驚きです!恐縮するとともに感激です。
あの日私はすごく緊張して、ちゃんと話ができず、何のお役にも立てませんでした。
このような話は私には最大の激励です。どうもありがとうございますm(_ _)m

11月6日は本当に記念すべき日となりましたね。
4500もの多くの愛国の日本人と一緒に行動できたことは有意義でしたし、感動しました。 さすが「日本精神」です!

蔡先生へのご提案はお伝えします。
もし台湾に関して質問があれば、どうぞ蔡先生に聞いてください。
さらに台湾との接触が深まることを期待します。
2011-01-22 Sat 18:59 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#303 本当にびっくりです!
返信有難うございます。新高山百合さんだったんですね!
あの日比谷の集会は超満員でした。その聴衆を前に日本語で緊張しながらも演説したのは立派です!その真意は
十分に伝わって現にその成果がこうして表れてるではありませんか。これからも日本と台湾をよろしくお願い致します。 チベットや新疆に独立問題が存在することは知っていましたが南モンゴルのダイチン氏の話は驚きでした。
2011-01-22 Sat 23:15 | URL | subalan #-[ 内容変更]
#305 subalan様
励ましのお言葉ありがとうございます。
本当にあの日の演説は緊張しましたが、聞いていただけて光栄です。
ダイチン氏は南モンゴルのために懸命に闘っていらっしゃいますね。
私たちも応援しないといけないと思いました。
2011-01-26 Wed 16:50 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 台湾魂と日本精神 |
copyright © 2006 台湾魂と日本精神 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
台湾留学サポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。