新高山百合
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「台湾歌壇」のご紹介
2010-05-22 Sat 19:10
台湾にも短歌の会がありますよ。
ご存知でしょうか?
まずは私の先輩たちをご紹介させていただきます。
今後はこのブログを通じて、先輩たちの作品を披露するつもりです。
どうぞ楽しみにしてください。



-----以下は2009/01/12付 西日本新聞朝刊の記事です-----

短歌に思い込め40年 「台湾歌壇」が祝賀会 日本語世代の心の支えに

(台北・小山田昌生)

日本統治時代に教育を受けた台湾人を中心に、日本語で短歌を詠むグループ「台湾歌壇」が創立40周年を迎えた。戒厳令下の台湾でひっそりと始まった勉強会のメンバーも平均年齢80歳を超えたが、自作の短歌を発表し合いながら、日本語表現力の研さんに励んでいる。 

昨年暮れ、台北市で開かれた祝賀大会には、台湾各地に住む同歌壇の会員や友人ら約100人が一堂に会した。ゲスト参加した台湾有数の財閥、奇美実業グループの創業者、許文龍氏(80)のビオラ演奏に合わせて、全員で「赤とんぼ」「ふるさと」などの童謡、唱歌を合唱した。「日本語族」と呼ばれる彼らが童心に帰ったひとときだった。

台湾歌壇の前身、「台北歌壇」が発足したのは1968年。当時は国民党独裁下で集会や言論が規制され、公の場で日本語を使うことも許されなかった。そんな環境の下、のちに「台湾万葉集」編者として菊池寛賞を受賞する呉建堂(筆名・孤蓬万里(こほうばんり))さんが中心となって、日常生活や心に秘めた思いを三十一文字に託し、勉強会を開きながら、歌壇の灯を守り続けた。

98年に呉さんが死去し、一時は存続も危ぶまれたが、2003年に「台湾歌壇」に改称して再出発。現在は「台湾人と日本精神」などの著書のある実業家、蔡焜燦(さいこんさん)さん(82)を代表に迎え、台北と台南で月1回の例会を開くとともに、日本の短歌団体との交流も続けている。会員の高齢化は進んでいるが、歌壇の存在が広く知られるようになり、新たな入会者も相次いでいるという。

台湾人と結婚した台湾国際放送の日本語アナウンサー、三宅教子さん(62)=岡山県出身=は、歌壇の常務運営委員として共に短歌を詠みながら、30年近く日本語族の思いを見つめてきた。「彼らにとって例会は、若いころ身に付けた日本語で感情を表現できる貴重な場。病床から短歌を寄せ、批評が返ってくるのを楽しみにしている方もいる」。中国語(北京語)教育を受けた子や孫の世代は日本語が分からず、歌壇が心のよりどころとなっている人も少なくないという。

蔡代表は「わび、さび、もののあはれの表現は日本語特有のもの。これからも台湾の地で美しい日本文化を守っていきたい」と、歌壇の発展に意欲を燃やしている。
×      ×      ×   
万葉の流れこの地に留めむと生命(いのち)のかぎり短歌詠みゆかむ  孤蓬万里
台湾を護る責あり益良雄(ますらお)の血潮たぎりて歌壇に入る       蔡焜燦



clip_image001.jpg
台北市で開かれた台湾歌壇創立40周年の祝賀大会で一堂に会したメンバー





もしよければ、このブログの応援クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ

別窓 | 台湾歌壇 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<日本人とともに独立しておけば!-国を憂える老人の責任感に感動 | 台湾魂と日本精神 | 台湾魂と日本精神ブログへようこそ!>>
この記事のコメント
願える。そうでありがとうございます、楽しみですね。
............................................................

>・・・・・今後は毎月の第4日曜日の例会の後に、
メンバーたちに選ばれた前三首の歌をここで披露するつもりです。
どうぞ楽しみにしてください。・・・・・・・
............................................................

できれば、月一、前三首と言わず、ブログを書くたびに、毎回三首ほど載せてもらえると嬉しいのですが、、、、。


謝謝・多謝・にふぇーでーびる・ぼでーびる?再見。、
2010-05-25 Tue 16:55 | URL | ロータリー #3fIBvpkA[ 内容変更]
#17 ロータリー様へ
コメントと励ましをありがとうございます。
さっそく「沖縄台友会」を拝見しました。
我が台湾のことをばっかりではありませんか!
しかもよくよく台湾の過去と現状に詳しいんですね。
ロータリー様の台湾を愛する心にとても感謝します。 多謝!

実は私も沖縄ファンなんですよ。
とくに沖縄民謡や三線、エイサーが大好きで、CDも何枚ももっています。
私はいつも炎熱の太陽の下でバイクに乗って三線を聞きながら、
目の前に海が浮かぶような・・本当に最高な消暑方法ですよ。

短歌のことについて、実は私は初心者なので、まだ作れません。。
ご紹介したいのは先輩たちの歌です。
ただ今整理中なのでもう少し待ってて下さいね^^

「沖縄台友会」のリンクも付けさせていただきます。

これからもよろしくお願いします。
2010-05-25 Tue 17:19 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#411
日本の大和魂がいまだ残る台湾、
凄い、もっと日本のメディアが宣伝しないとイケないと思います。
2012-07-10 Tue 15:37 | URL | 園田 幸二 #9e.5nwWw[ 内容変更]
#418 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-07-26 Fri 22:10 | | #[ 内容変更]
#419 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-07-27 Sat 00:03 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 台湾魂と日本精神 |
copyright © 2006 台湾魂と日本精神 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
台湾留学サポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。