新高山百合
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ミカド 雑談
2010-09-20 Mon 14:49
                                         作者 Kiyoshi先輩
 
「アジヤの東、日いずるところ、ひじりの君の、現れまして・・・・・・・・・・・
・・・・・代々木の森の、代々とこしえに、仰ぎ祭らん、おおみかど」

名詩ですね。名君、明治天皇誕生日への祝い歌です。全文七五音の句に集約される、優れた韻文とその語呂の良さで、70数年経た今も諳んじています。特に結語の4句は、すばらしいエンディングです。

そして、この詩は、静かな喜びの楽想にピッタリのメロディーに載って、明治節の歌となり、11月3日講堂で子供たちに歌われ、おおみかどに捧げられる。古き良き日の小学校の行事であった。この行事は今も続いているだろうか。歌の方は国語と音楽の良いお手本です。

  

この良い詩、良い歌を習ったのは、八つの時、昭和11年の明治節が近づく日、子供たちは新しい言葉、日本語を習って半年しか経っていない。そして、幸運にも僕たちは日本人だった。

毎日増える日本語で習う素敵な童謡、国語、算数、修身、etc、楽しい幸せな小学生だった。他人はいざしらず、日本文化、日本的薫陶は私の体質に完全にフィットした。さて今日は明治節の歌を、習う日だった。

先生は先ず地図で僕等に「シナ」を見せた。それは、満腹して動けなくなったブタの、ブクブクのおなかみたいな形の国だ。先生はシナばかり指差して「アジヤ」を教える。何故シナがアジヤなの?

次は東。「東はどっちか?」、聞かれて皆は毎朝の、日の出の方向、それは丁度黒板の方、を指した。「いや、地図の上の東じゃ、いいか、右が東だ」。「アラ、本当、日本はシナの東だ」。そして日本の東は大きな海、日は海から昇る、だから日本は日いずる国、シナは日が沈む国。あの時は、どの国も日出ずる国というわけを知らなかった。「我は日いづる国」、と信じたからには、その矜持は何時までも持ってもらいたいものですね。

次、「ひじりの君の現れまして・・・」。先生は「ひじり」をどう説明したか、僕は分ったのか、もう覚えてはいない。ただ、なんで、天皇様が「君」なの?「現れまして、はお生まれになった事だ」。僕は神出鬼没の鞍馬天狗の事をを考えていた。後日習った事だが、「天皇様がお亡くなりになったら、おかくれと言うのだ」、現れたり、隠れたり、鞍馬の天狗様の、かくれんぼみたいで、天皇様はオモシロイね。

日本語習いたての一年坊主には、明治節歌文句の方はもやもやだったが、幸い語呂がいいので、覚えやすかったようだ、歌の方は、歌い易い、覚え易い、歌いたい、の名曲三要素のおかげですぐ覚え、当日は講堂で力いっぱい歌い、一代スーパーミカドの「現れまして」をお祝い申し上げた。

歴代天皇の中で明治天皇はよく、国民の敬愛を集めて、天皇の尊称である「ミカド」や「帝」で称呼された。例えば「明治大帝」。幕末の多くの日本人と同じくみかども外国人嫌いであったが、目はよく遠くを見ており、「よきをとり、あしきをすてて、・・・・」の有名な御製を国民に教え、挙国一致「追え、追いつけ、追い越せ!」のキャッチフレーズにのって文明開化を推し進め近代日本の礎を築き、日本の夜明けが訪れる。

みかどの崩御後。日本一のみかどには、日本一のやしろ、をと、国民は挙って明治神宮の建造にと、ボランティアの手で、17万株の樹が、代々木の原に植えられて、世界一の人工の森「代々木の森」が生まれる。一つの植物と鳥類の生態が築かれた。神宮の顔である大鳥居には、我ら台湾のひのきが貢献した。

1977夏8月の或る朝、私はこの代々木の森に、来ていた。ミカドのか、或は鬱蒼の森のか、とにかく神域の霊気が辺りに漂い、ひんやりと襟を正す。翼を傷めたカラスが一羽、飛べないで鳥居の前で鳴きながら右往左往していた。政府の高官を乗せてきた運転手さんと一緒にしばしカラスを見守っていながら、何故台湾にはカラスが住み着かないのだろうかを考えていた。それは有り難い事だが、そのわけには興味があった。

やおら立ち上がり、じゃりの参道を闊歩し、手洗いをし、大鈴を鳴らし、エンディングは嬉しい大団円、赤い袴白い上着、美人の巫女さんの白い手から、明治大帝のお守りを頂いて、鬼の首でも取ったかの様に、喜んで凱旋した。

同日の晩、奇しくも私はミカドに来ていた。でも代々木のミカドではなくて、東京赤坂のキャバレー「ミカド」である。代々木の神のお導きか?東京在住の中学同窓の、私が社交ダンスの教師と知っての好意である。

広い玄関の隅の広告塔のてっぺんに、ミカド(皇室)の象徴である菊の紋章が輝いていた。さすが民主時代だなと感慨あらた。「天皇とキャバレー」!戦前なら不敬罪で豚箱行きだ。

二階からダンスホールを眺める。さすがは、東京一のダンスホール、台湾のそれでは見られないものを見た。
①初心者はフロアの中央部に集まって踊り子達と練習、中上級者達は、フロアの四周で、正確なLOD方向線に沿って、ステップを繋ぎ踊っていた。全体のダンシングの流れがハッキリ見えた。
②踊り手たちは、皆ちゃんと世界に通用する、正確なボールルームダンスを習得しておった。得体の知れないステップは見受けない。
③バンドの演奏も選曲も申し分なく一流であった。どの曲もダンス意欲を誘う。

ひるがえって、台湾ではどうだ?。この国ではダンスの先生は免許は要らない。誰でも先生だ。勝手な自己流ダンスを教える、もちろん世界には通用しない。生徒さんが災難だ。それでも、看板には「国際標準舞」と銘打っている。ボールルームダンシングのことである。「先生、このステップの名は?」、「?!」英語不通では何もいえない。英語出来なければ、ダンスは教えられないのだ。それでも台湾のダンス先生は、我こそは、お山の大将オレ一人。もうダンスの戦国時代である。又この国の先生は、ブルースを知らない。不思議だ。又「LOD」も知らない、それ何? なら「方向線」でいこう、やはりワカラン。もう話しにならん。語るに落ちる。ヤメタ。

私は不運にも、お盆の日にミカドに来た様だ。レギュラーのダンサーたちの多くが帰省し、残れる踊り子も外の客にとられ、連れて来られたのは、短大在学生のひよっこ一羽、これはさしずめ、お座り嬢か、お話嬢かな。もちろんダンスはだめ。フロアは軽快なルンバリズム、私はムズムズして来た。ブルースを一曲リードして見よう。

「長崎は今日も雨だった」が流れた。困った様な顔の彼女の手を取って、フロアへ下りる。ダンスとは歩く事、何時ものように歩けばいい。が彼女は案の定、足ばかり見て、神経は脚に集まり、歩くという簡単な動作を間違える。バンドの演奏がいいし、カラオケ好きだから、私は声を出し「東京は、今日も雨だった」と唄い変えて彼女の頭をあげさせた。私の歌声に気を取られ、硬い体がほぐれ、正常に歩き出した。

     

短大嬢はお行儀よくお辞儀をし、お行儀よく礼をいい、僕もすっかり気を良くした。改めて僕は日本にいるんだなと気付いた。

次のダンスを請うかのように、思いがけない曲が流れた。ニュウージーランドマオリ族の別れの歌「Now is the hour.」。これは私のワルツの常用レッスン曲だ。オペラファンなら誰も知る、マオリ族出身の、世界の歌姫、カナワの嘗て此れを歌うを聴いてすっかり参ってしまった。

     

僕は再び短大嬢に、もう一曲を請い、表情の変われる彼女を、ただ一つのステップ「リヴァースターン」で彼女に全曲をマスターさせた。

今一度、彼の人とヴェニーズワルツでフロアを疾走したい。そこは嘗て私の世界だった。
今一度、ラケットをもって、テニスコートに立ちたい。あの喧騒、叫喚、歓笑は
      嘗て私のものだった。
今一度、教鞭取って教壇に立ち、生徒たちを煙に巻きたい。あの子もこの子も
      嘗て私の友だった。


        「人間を  八十二年  夢の跡」   Kiyoshi 2010




もしよければ、このブログの応援クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
別窓 | Kiyoshi先輩の思い | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<蔡焜燦先生「母語は日本語と台湾語」 | 台湾魂と日本精神 | 戦時中に会った悪い教師と純粋な将校(上)>>
この記事のコメント
#222 Kiyoshi先輩へ
尖閣問題で盗人猛々しく騒ぐ彼の国との行く末を考えると鬱陶しくなりますが、久しぶりにKiyoshi先輩の文章が掲載されておりうれしくなりました。
先日、ラジオの文藝朗読で漱石の坊ちゃんをやっており、次の一節を聞いてKiyosi先輩のことを思い出していました。
「・・・・最初のうちは、生徒も煙に巻かれてぼんやりしていたから、それ見ろとますます得意になって、べらんめい調を用いてたら、一番前の列の真中に居た、一番強そうな奴が、いきなり起立して先生と云う。そら来たと思いながら、何だと聞いたら、「あまり早くて分からんけれ、もちっと、ゆるゆる遣って、おくれんかな、もし」と云った。・・・・」
「今一度、教鞭取って教壇に立ち、生徒たちを煙に巻きたい」とのこと、「煙に巻く」と言葉は同じですが、Kiyoshi先輩の場合は新米先生の坊ちゃんとは次元を異にしており、その場の雰囲気が空想され楽しくなってきます。
小生は台湾を熟知している訳ではありませんが、台南の街はあちこちぶらつき、いくらか土地勘があります。ある路地に迷いこんで行くと、お伽の国のような一角に時代掛かった文化財のような校舎あり、確か台南国立高級女子中学校という看板が掛かっていました。さらに驚いたことには校門の前に巨大な掲示板があり、その年の卒業生の受験の戦績が誇らしげに列記されていました。列記された有名大学、学部、その合格者数からこの学校は相当の名門校であろうと想像した次第です。
小生の空想の中では、Kiyoshi先輩はこの学校の特色ある名物教諭であり、生徒達から一目おかれながら敬愛されています。日々受験勉強に邁進する才媛たちに、思わぬ方面から人生の意義、宇宙の深淵に関連したような一見何気ない話題を投げ込み、彼女たちの意表を突きながら、疑問、好奇心を喚起し、その戸惑い振りを楽しんでおられたように思えます。
勝手な想像を並べ立てましたが、Kiyoshi先輩の文章は懐かしい日本の香りを漂わせているようで、小生にとって哀惜すべきものに思われます。これからもご健筆を願っています。
2010-09-22 Wed 10:53 | URL | t.ishise #-[ 内容変更]
#223
今、尖閣諸島を巡って日中間が衝突寸前であるが、そこで台湾人の意見を聞いてみました。

メールでやり取りしてみて多少驚いたが、台湾の若い世代(本省人)は、尖閣諸島(釣魚島)を台湾領であると認識しているようです。

まだ、多くの台湾人に話を聞いてみたわけではないので確かではありませんが、尖閣諸島を日本領と認めると発言している李登輝総統などは台湾の中では少数派なのではないでしょうか?

台湾が尖閣諸島の領有権を主張する根拠についても問いただしたり、調べたりしてみましたが、台湾領という明確な根拠は?でした。

そもそも台湾にしても、中国にしてもその領有を主張し始めたのは。1970年に近海に石油が発見されてからではなかったか。

尖閣諸島が日台間の竹島とならぬためにも、断固とした抗議・意見を主張するべきであると思います。
2010-09-23 Thu 04:47 | URL | 春夏秋冬 #-[ 内容変更]
#225
中国との尖閣問題に関して

①領土、主権を国を守るためには戦うべき時、戦うしかないのだ。 日本精神とは自らその覚悟を見定めることがあるのではないか。http://bit.ly/aw8Ybb

尖閣諸島が落ちると、石油資源どころか事実上シーレーン防衛が出来なくなって、続いて日本は、中国の属国となる。

アメリカは自国の国益に利する時にしか、シーレーンを守らず、静観するだろう。

日本自らが守る意思を示さなければ、アメリカは動かない。

日本を放りなげ、シナの属国となりシナの国民になりたいか。シナの現状を知っているか。

国がシナとなっても、自分や家族や仲間が、安泰に暮らしているだろうか。

祖先の英霊は何のために死んでいったのだろう。続く日本の子孫たちのためではないか。

その心を自らが汲み取らなければ、誰がその心を汲み取るのだ。

戦争は避けるべきであるが、戦うべき時には戦うものだ。その覚悟が必要だ。

②私の好きな文学者 小林秀雄は言いました。自分は普段は生活のためペンを取っているが一旦、緩急あれば銃を取ると。

その精神は教育勅語にある「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」に通じるものであると思う。

祖先はその心をもって戦いに赴きました。自らがその心を汲み取らねば、誰がその心を汲み取るのか。

靖国神社には、自分の曾祖父も祀られている。その心は汲み取らねばならない。

今できることは、選挙もそうであるが、悔しさに歯を食いしばり、自分の本分を尽くして、公益のため働き、一旦、緩急あれば義勇公に奉じることだと思う。
2010-09-25 Sat 06:38 | URL | 春夏秋冬 #-[ 内容変更]
#227 t.ishise様へ
t.ishise様へ

(1)拙文へのご講評を、有り難く拝読させて頂きました。

(2)昔、「坊っちゃん」読後、オレも行く行くは、坊っちゃん教師か?と夢見るも、成って看ると、教員室はそんなドラマチックな雰囲気ではなかったがな、もし。

(3)映画も見たが、主役が誰だか思い出せないし、ただ、赤シャツは馬面のチョビ鬚で、名も思い出せない、今他人の名をあてるという事は小生には至難の業、寄せ来る老化にはかてない。

(4)生徒達を煙に巻くと、時に、その逆手を取られて、しっぺ返しがくる。勿論結果は私の勝ちだが。

(5)或る日、実験室(私の城)へ、男生徒二人、私を訪ねてきた。手に持ってる代物を看て「こいつ等オレを騙しに来たな」と直感した。そして嬉しくなった。先生を騙す、それは取りも直さず、オレの授業を聴いてくれていた証である。私に心を開いてくれたのだ。

(6)彼ら:「先生、台湾にも氷河時代がありましたよ」、しゃあ々とウソを言う。私も又その逆手を取って、アッサリ騙されてやった。「オゝやったな、でかした」、「?!」、「どうした?」、「いえ・・・」、二人は釈然としない面持ちでちゃんと礼をして退散した。「先生ちょっとヘンだよ」と囁いていた様だ。

(7)こんな事もあった。定年退職は満65の7/31と決まっている。その日最後の授業が終ると、中二の女生徒達に、「みんな、今日が最後の授業だ、明日から退職だ、今までよくついて来てくれたな、有難うよ。」
(8)教室は騒然となった。「あたし達、校長に言ってやる」、と数人が今にも駆け出そうとした、あんなおとなしい子らが、何と言う行動力、私は驚いて、「オイオイ、お前達、先生は校長に、首切られたんじゃないんだよ、お上だよ、お上が、“お前はもう老いぼれて、使い物にならん、生徒たちの事を考えて、隠居を命ずる、これからは年金で余生を送れ”なんだよ。」

(9)自分の城に戻って、演歌気分になった。「世が世であれば、殿のまねきのナントカ酒・・・」。所がそれが本当にあったのだ。そして、その殿とは事もあろうに、兄の仇、蒋介石。

(10)或る年、学校の推薦で台南の優良教師に祭り上げられて、台北で蒋の謁見という運びになった。仕方が無い。こっちの方で会ってやる。睨み殺してくれる。所が土壇場で蒋はしっぽを巻いてかくれた。忍者刺客の暗殺を恐れて、と専らの噂だった。代役は文部大臣、この爺ちゃん、なかなかの好々爺で、私の大学在学中の校長であり、貧乏学生がよく金を借りに校長室に頭を下げに行った、爺さんは気前良く貸した。もちろん借り倒しは一件もない。

(11)Ishise様が我が台南のお客様だったとは胸が温くなりました。そして街歩きでよくもまあ良い所へ迷い込んでくれました。あそこは閑静で清潔な住宅街です。古色蒼然たる赤煉瓦校舎は、略称「南女中」、台南女子高校中の第一の名門校。戦前、一高女と二高女の女学校二校が有り、それぞれ日本人と台湾人女学生を収容していた。戦後、日本人が引き揚げ、二高女はそっくり一高女に移され、女子高校となり、空になった二高女は女子中学となった。

(12)貴兄の空想通り、私はここで教鞭を取った事がありました。大学の後輩が此処の女教師であり、彼女から産休教師代役を頼まれた。最近当地のテレビが毎日45分の連続TVドラマ、西田敏行の「サンキュウ教師」をを放映した。今思うと西田は「坊っちゃん」に持って来いの役だった。

(13)さて、代役の初日、登校。教室は二階。上がりの階段、手摺は左側に、右側は壁、私は左手を手摺にかけて階段を上がる。左側通行だ、台湾では交通違反だ、がまさか階段の上がり下がりに交通違反もあるまい。所があったのだ。一群の女生徒が二階から降りて来る、交通規則を守って右側通行だ、当然私とぶっつかる、次に見た二つの現象は私の目を見張らせた。

(14)女生徒たちは一斉に手摺から離れ、壁に寄った、つまり私に道を譲ったわけだ。その次、直立不動の姿勢で深々と私にお辞儀をした。私は一瞬虚を突かれて停まった、黙殺はできない、右手を揚げて、ヒットラー式答礼をした。

(15)もちろん生徒達は私を知らない、知らない人は来訪のお客様だ、お客にはよりいっそうの礼を尽くす。戦前の修身科がまだここに生きていた。乙女達を躾けた先生方に敬意を表し、教室に向かう。そこにも素敵な乙女達を見出すだろう。

(16)尖閣紛争。9月初旬、久しぶりの断固たる、サムライ日本のとった処置に、「ミカド」をタイプ中の私は思わず「やった!」のガッツポーズをし、快哉を叫んだ。そして、ミカド文中に「我は日出ずる国、を信じたからには、その矜持は何時までも持ってもらいたいものですね」の我が思いと激励の言葉を添えた。29日までの拘留は問題ない様に見えた。だが事態は急転直下、逆転敗北。地方政府は突然囚人釈放、中央はそれに油を注いで、適切な処置と嘯いた。一介の漁船船長は本国から専用機で迎えられ、英雄凱旋である。日本が船長を英雄に祭り上げたのだ。何故か、々々。外国人の私が息巻いても、苦笑ものだ。政治オンチの遠吠えでした。失礼しました。「つよかった やまとのおのこ いづこぞや」

(17)今日は、雑文乱文をご精読有難うございました。 2010.9.28 Kiyoshi


太字の文
2010-09-28 Tue 13:43 | URL | Kiyoshi #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 台湾魂と日本精神 |
copyright © 2006 台湾魂と日本精神 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
台湾留学サポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。