新高山百合
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
台湾メディアが台湾を応援する日本人の心を報道!
2010-10-13 Wed 12:02

11日の朝、台湾の自由時報の国際面に日本の「台湾研究フォーラム」のことが大きく報道されているのを見て驚きました。読み終えてから、きっとこの新聞が5日に永山英樹さんのあの投稿を掲載し、彼に関心を持ち、特に彼の団体が日本で台湾人のために声を上げている事蹟を紹介したのかなと思いました。

日本の保守派が台湾のメディアに「右翼」との汚名を着せられていることも書かれています。下に日本語訳を掲載します。メルマが台湾の声からの転載です。


Scan002.jpg 翻訳=台湾の声編集部

東京前線:台湾研究フォーラムは友台派の日本人が自発的に作った団体

駐日特派員張茂森/特別報道

もし台湾で、台湾政府に向かってデモを行い、日本や日本人の利益のために旗を振って吶喊する団体が作られたら、おそらく直ちに「台奸」のレッテルを張られることだろう。

しかし日本では、本当に一部の団体が、台湾あるいは台湾人の利益のために、常に日本政府に抗議しているのだ。ただこれらの団体のメンバーは手段が激烈なため、「右翼分子」と見られ、「右翼団体」との汚名まで着せられることもあった。たとえば日本の「台湾研究フォーラム」は、まさにその代表的な団体である。

「台湾研究フォーラム」の責任者、永山英樹氏(写真=張茂森撮影)はライターで、日本の「李登輝友の会」の会員でもある。彼個人のHPの名は「台湾は日本の生命線」だ。

永山氏は若い頃、中国に対して幻想を抱き、西安に留学をしたが、二年の間、実際の中国と自分が想像していたものとは大きな隔たりがあることを感じ取っていた。そしてその後、初めて台湾を訪問し、日本植民地統治を受けたことがある台湾人の日本観が、中国人のものとは完全に異なることを発見した。前者は一種の寛容さがあり、後者は蔑視と憎しみに充満していると。これもまた、永山氏が一心一意に台湾の利益を獲得するための原動力となっている。

●非右翼の激進団体 自費で台湾人のため奔走

日本の民間団体「李登輝友の会」と同じく、「台湾研究フォーラム」は台湾政府の関連部門から金銭をもらっていないし、在日台湾人団体からの寄付も受け取っておらず、自分たちの金で、全力で台湾と台湾人のために奔走している。

在日台湾人の国籍問題、日本の中学社会科教科書の地図が台湾を中国の版図に組み込んでいる問題、そしてそれよりも前の時期にあった李登輝元総統の訪日阻止問題などのすべてにおいて、「台湾研究フォーラム」や「李登輝友の会」などの団体は、余暇を利用して街頭で台湾支持の署名運動を行ったり、街頭デモ行進を実施するなどし、日本の政府と国民の注目を受けている。李元総統の訪日ビザや台湾人の国籍の問題は最後には解決を見た。

「台湾研究フォーラム」などの団体は手法が激烈なため、一部の台湾メディアは彼らを「右翼団体」と呼んでいるが、これは実際とは大きく違っている。

戦前の日本の「右翼」は保皇派、あるいは「民族(主義)派」を指したが、この種の「右翼」は現在すでにほとんど存在していない。今日、街頭宣伝車を使い、大音響で政治家に圧力を掛けるいわゆる「右翼団体」は、実際には一種の「任侠右翼」であり、暴力団にも似ている。

「李登輝友の会」の初代会長は日本の著名な作家である阿川弘之氏で、現会長は拓殖大学の総長だった小田村四郎氏だ。副会長の田久保忠衛氏は著名な外交評論家で杏林大学客員教授だ。これらの人々の所属する団体を「右翼」と呼ぶのは失礼なだけでなく、明らかに日本に対して無知である。

1972年の台日断交後、台湾人の日本の領内での多くの権益は、中国人の身分となって初めて得られる。最も典型的なのは台湾人の国籍が「中国」とされることだ。今日のように台湾政府の国際社会での発言権が日増しに低下していく中だからこそ、台湾人が日本で得るべき権益を確保することを義務とするこれら団体はますます尊敬に値する。

原文 http://www.libertytimes.com.tw/2010/new/oct/11/today-int4.htm



私が永山英樹さんと最初にお会いしたのは2002年で、場所は靖國神社でした。私の台湾人の友人薛格芳さんが私のため、永山さんに遊就館でガイドをするようにお願いし、彼は熱心に引き受けてくれたのでした。

永山さんが高砂義勇隊の英勇的な事蹟を語った時、私はそのような話を初めて聞き、涙が止まらなくなりました。彼は台湾の歴史について台湾人より詳しく、私は慚愧の念に駆られました。それ以来私たちは「台日共栄」の目標を持つ莫逆之交となりました。

台湾研究フォーラムは日本で在日台湾人のために声を上げてくれるだけでなく、毎月初旬に台日関連の講演会を開催し、よく台湾訪問を行って台日の歴史を訪ねたり、大型のデモに参加したりしています。

それに比べて日本政府の台湾への態度はとても冷淡で無関心です。この報道が言及しているように、このような日本の友台派の民間団体が送ってくれる暖かさは、台湾人が尊敬し、感謝するところです。




もしよければ、このブログの応援クリックをお願いいたします。

別窓 | 心に残る出会い | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<勇気ある質問 | 台湾魂と日本精神 | 台湾魂と日本精神が語る尖閣問題>>
この記事のコメント
#242
日本での親台湾活動が紹介され、微力ながら応援している者として嬉しく思います。

記事の中で一点だけ不明な点があります。
>最も典型的なのは台湾人の国籍が「中国」とされることだ。<
永山さんのブログ(※1)によると、去年台湾人の国籍は「台湾」へと改正される事となったようです。
また、入国管理局HPの「在留カード」見本では「国籍・地域」となっていますので(※2)、施行されていると思われます。

※1
>台湾は日本の生命線!
運動目標ついに達成!在日台湾人の国籍が「中国」から「台湾」へ 2009/07/15/Wed
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-820.html
※2
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact/koumoku1.html
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact/pdf/zaicard_sample.pdf
2010-10-13 Wed 21:17 | URL | Anns #-[ 内容変更]
#244 Annsさんへ
平成24年から国籍は台湾に変わると聞いています。
それまでは「中国」で我慢しなければならないということでしょう。
2010-10-15 Fri 10:27 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#245 新高山百合さん
お答えありがとうございます。
そうでしたか、国籍はもう変っていると思っていました。
2010-10-15 Fri 19:53 | URL | Anns #-[ 内容変更]
#249
永山さんの著書を読み、台湾について認識を深めることができました。(「台湾は日本の生命線」)

日本にとっての要地である台湾、また台湾にとっての日本共にお互いが無くてはならない絆があり、歴史的な繋がりも深い隣国どうしです。

私も、また冬に台湾を訪れる予定です。台湾の知人とも会う予定にしています。

私も日台共栄の関係を築く礎になればと思います。



2010-10-15 Fri 23:29 | URL | 春夏秋冬 #-[ 内容変更]
#251 右翼団体?
度々失礼致します。
台湾自由時報は速報で今日16日のデモを予告していますが(※1)、「日本右翼團體」の行動と報じているように思えます。
今回のデモは「李登輝友の会」も主催しています。(※2)
もし宜しければこの件を自由時報にお伝え頂けませんでしょうか、自由時報ホームページを探してみましたが、メールアドレスさえ見つかりませんでした。


※1
>自由時報 電子報
傳日右翼團體擬圍攻中國使館 【10/15 09:45】
http://iservice.libertytimes.com.tw/liveNews/news.php?no=421124&type=%E7%A4%BE%E6%9C%83

※2
>チャンネル桜
【東京都港区】 10.16 中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動 (10/16)
主催
頑張れ日本!全国行動委員会
草莽全国地方議員の会
日本李登輝友の会
http://www.ch-sakura.jp/events.html


この動画は9月10日に行われた抗議行動での永山さんの演説です。
>中国の尖閣諸島侵略阻止1尖閣海域に侵入した偽装漁船の正体は
http://www.youtube.com/watch?v=cCLvzQ69SGM&feature=player_embedded
2010-10-16 Sat 12:19 | URL | Anns #-[ 内容変更]
#252
春夏秋冬さんへ
ともに共栄のため頑張りましょう。


Annsさんへ
自由時報はネット上では、「右派団体」に修正していると思います。大きな進歩です。
http://www.libertytimes.com.tw/2010/new/oct/17/today-int2.htm
2010-10-18 Mon 21:29 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
#253
新高山百合さん
自由電子報のご紹介ありがとうございました。
詳しく友好的に伝えているようで嬉しいです。
2010-10-21 Thu 19:53 | URL | Anns #-[ 内容変更]
#254 国境は文化の境目だけど…
記事に考えさせられました。
私は日本人ですが、9月にあった衝突事件があるまでは
今まであまり考えたこともなく、ほとんど台湾について知っていることはありませんでした。

印象がかわったのは外国人登録証について知った時でした。
ニュースでは報道されていないので、ニュースを見ていても分からないことはあるのかな、と思いました。
中国と同じく台湾も反感を持っているイメージがあったので、日本好きの人が思ったより多かったり、国民性が穏やかだというのを知り
正直、驚きました。

今の外交をみていると、国益というものもありますが、裏切りや憎み合うだけでは、分裂しか生まずそれだけ不幸な人が増えるのではと思います。

日本も台湾だからという理由からではなく同じ人間として人道的に関わっていけたらと願います。

愛情を持って、理不尽な外交には平和の観点から機知と冷静さと智恵でもって、色々な問題がありますが

戦争を振り返ればなおさら、日本には人道的にも、人間的に平和に貢献しなければならない責任があると思います。

まとまらない文で恐縮ですが、失礼します。


P.S.
お返事ありがとうございます。
私は台湾のことを少し知っただけでしたが、親しみを感じます。
兄弟国~そうなれるよう、小さいながら私も応援していきたいと思います。
日本の多くの人も知らないだけで、台湾を潜在的に応援できる気質を持っていると思います。

素食など(TVで見ました)、環境や健康にいいことは日本は好きなので、普段のくらしなどの情報がもっとあれば、交流しやすいのではと思います。
2010-10-22 Fri 15:12 | URL | ukiyoe #z8Ev11P6[ 内容変更]
#256 ukiyoe様へ
コメントをありがとうございます。
ご心配なく、一般の台湾人は日本に反感はありません。
日本の方々には、台湾を兄弟国と見てくれたら嬉しいのですが・・
2010-10-23 Sat 20:44 | URL | 新高山百合 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 台湾魂と日本精神 |
copyright © 2006 台湾魂と日本精神 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
台湾留学サポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。