新高山百合
http://twnyamayuri.blog76.fc2.com/

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
二・二八事件を詠う
2011-02-28 Mon 10:30

これは蒋介石軍に不法占領されて66年及び二•二八虐殺事件から64年の間に、
台湾人の哀しい思いで詠まれた和歌です。
                                     台湾歌壇代表 蔡焜燦



頼榕煌      終戦に祖国の歓迎旗の波爆竹焦す秋空高く       

頼榕煌      祖国とふ美名に隠れ惑はされ未だ見ぬ祖国如何なる国ぞ      

陳英侯      終戦後来し国軍は傘を持ち鍋釜担ぎ半ズボンわらじ            

鄭克温      天秤棒に鍋釜ふとんのわらじばき国軍迎へ不吉の予感              

林澤榮      敗戦してフオルモサに逃げ延びて来た人ら愚かに野郎自大ぶる       

黄華浥      「同胞」とシナ人は口で云ひつつも日本人教育の我らを敵視す      

陳皆竹      終戦に日本はほつと息衝けど我等は苦難の脚踏み始む
     


林燧生      日本の敗戦により中国に接收されし閑古鳥鳴く      

許育誠      接收の高官一昧魑魅魍魎国を食ひものに私腹を肥やす      

蘇楠榮      腐敗せる逃亡の将 官と軍 国に巣喰ひて恩を認めず      

鄭克温      軍隊は学校民家を占領し横暴きはめ秩序乱るる      

傅仁鴻      厚顔の支那人が来て台湾は津々浦々までああまつくら闇       

頼榕煌      終戦の過渡期の不安も落ちつかず二二八事件怨かさなる      

陳皆竹      終戦の安堵と希望消え失せて続くは二二八と白色の恐怖       


黄培根      煙草売り抗ふ術なきばあさんに一発の弾丸事の始まり       

林蘇綿      二二八「我是台湾人」の一言に銃殺されにし冤魂いずこ      

黄培根      エリートの専売局で東大出優雅な林氏凶弾に倒る       

温西濱      濡れ衣を着せられし友二二八のテロの手先に露と消えたり  
    
黄培根      一列に並ぶ駅員に一齊射撃壮烈玉砕鬼神も泣かむ      

黄培根      果敢なる巷の合戦迎え撃つボツダム将校陣頭指揮を     

許育誠      横暴の軍官兵士理不尽に銃火を浴びせ万骨枯るる      

鄭埌耀      ごろごろと転がる死体匿されし数多の惨劇知れざる真相  
   
喜田修      悲しみは弥増すものか無慚にも夫を殺されし妻の二二八
      
           

呉建堂      光復に欣喜雀躍せし輩が冤獄の下露ときえぬる      

頼榕煌      あこがれの祖国に情の花咲かず鮮血散らす蓬莱の島      

黄華浥      哀れなる台湾人の宿命か戦に負けてシナ人にされし      

許育誠      日本の版図を離れしいもつ子は祖国に還れど継子に等し       

鄭埌耀      祖国二つ共に失せりと知りし時失望亢じて憤怒となれり      


劉玉嬌      年ごとに二二八の日はめぐり来る年ごとの怒りせんすべもなし       

蔡龍鐘      二二八を涙で綴りし台湾史哀れ斃れしフォルモサの人       

林燧生      二二八で虐殺されし同胞は二万八千の怨靈になりぬ      

蔡焜燦      原爆は広島長崎台湾は「石」落されて国人苦しむ      

黄培根      二二八と聞けば身震へる魔の数字われら耐え来し六十年も      

蔡焜燦      六十年の外道の圧政耐へし祖国(くに)この陣痛のつらさ耐えよや 
     


陳英候      無念かな二二八の生地獄烈士の勲永遠に忘れじ      

曹永一      二二八わが師林茂生悼むなり残虐非道芋っ子忘れず       

潘建祥      二二八に同胞殺めし理由聞かむ赦しはするも忘却はせじ      
  

鄭埌耀      元凶は蒋介石と公然と言へる此の世は台湾のもの 

潘建祥      世に知らる殺戮歴史二二八を知らぬ島人よなど斯く不甲斐なき       

曾昭烈      終戦を知らぬ世代の二二八弁論戦を我笑ひて聞く       

陳皆竹      二二八を知らぬ若人は外来政権に靡き寒風ぞ吹く       

李錦上      二二八の悲情をめくり孫子らに血涙痛き台湾史説く      

潘建祥      二二八不法投獄を想起せよ挙りて詠まむ三十一文字に
       


游細幼      哀しみの歴史しのびて仰ぎ見る二二八記念碑黒ずみて建つ      

李錦上      こみ上ぐる熱きものあり二二八の記念碑高く寒空を衝く       

陳淑媛      哀史秘め二二八の碑は燦と建つ青空の下ゆらぐ百合の花      

黄教子      二二八記念碑かこむ白百合の雨に打たれてうなかぶし咲く 
      
黄教子      英霊の涙にも似て霏霏と降る霧雨のなか人々集ふ         

林聿修      犠牲者の無念と遺族の涙こめ二二八の雨の一日を止まず      

呉 萬      二二八事件隔ちて六十年犠牲者のみ魂永遠に安かれ        

呉戀雲      台湾の二二八事件の周年に憤概の涙団結を呼ぶ      

歐陽開代     二二八涙止まらぬ大合唱我ら台湾の独立はいつ       



        二・二八事件の慰霊碑
    台北市内にある228平和記念公園。事件当時、中華民国軍の住民虐殺に憤った民衆は
    公園内にあった放送局を占拠し、そこで全土に決起を呼びかけた。




別窓 | 台湾歌壇 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<日本頑張れ!!台湾も応援しています! | 台湾魂と日本精神 | 日本語世代の台湾人の心の叫び>>
この記事のコメント
#331
戦後、日本と台湾の経済発展を比較した番組を見た。
国民党が二・二八に始まる台湾人虐殺がなければ
日本と同じぐらいの成長があったのではないだろうかと思った。
戦後20年足らずで新幹線・オリンピック開催まで漕ぎつけた日本と2007年開業の台湾新幹線。国民党は台湾エリート・知識層を殺して台湾人の心を傷つけただけでなく近代化をも邪魔したのだと思います。この日本語世代の悲哀な心の叫びを台湾人の若者が素直に聞き入れて、過去の歴史を振り返ってくれることを願っています。
2011-03-02 Wed 21:40 | URL | subalan #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 台湾魂と日本精神 |
copyright © 2006 台湾魂と日本精神 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
台湾留学サポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。